明るい夜とナイトミルク

木の葉パンさんのブログでナイトミルクが話題になっていたので、早速買って来ました。
夜に搾った牛乳にはメラトニンという物質が豊富で、これが眠りを良くするらしいです。
d0036358_7124962.jpg
1リットルで1.30ユーロは、普通の牛乳の倍の値段です。左側はフツーの低脂肪牛乳です。牛乳には普通、低脂肪、無脂肪の3段階があり、それぞれパッケージの色が赤、青、水色に色分けさせています。
話題のナイトミルクは低脂肪、低温殺菌の牛乳でした。(だから青いパッケージ?)
d0036358_713474.jpg
この時期は12時を過ぎても西の空はご覧のような明るさで、4時くらいには東の空もすっかり明るくなります。そんな訳でどうしても眠りが浅く、4時5時には目が覚めてしまうので、このナイトミルクを試してみようと思います。
d0036358_7132265.jpg
温めた方が効果的なようなので、人肌に温めたナイトミルクを飲んで寝ます。温めると甘みが増し、低温殺菌なので臭いも無くとても美味しいです。
それだけでもリラックスして眠れそうな気がします。(もう1時半だ、マジ寝なきゃ・・・。)

さて、効果の程は・・・? 翌朝はまた5時に目が覚めました。
薬じゃないのでいきなりぐっすりとまではいかないようですが、気分だけはリラックスできるので、そのうち効果も現れるかも。
[PR]
by lapintie | 2005-07-01 07:37 | 生活
<< 午前0時のライトアップ 雨模様 >>