いただきます(4)

フィンランドに来てから買った便利なもの。

d0036358_3112928.jpgブラウンのハンディ・フードプロセッサです。

よくある大げさなフードプロセッサと違い、マッサージ器の先っぽにカッターが付いたようなもので、専用の容器に野菜や肉を入れて、少量のみじん切りやミンチを瞬間で作れます。

その他にも深いコップやグラスなら、ベリーやバナナなんかと牛乳を一緒にまぜて、フルーツドリンクなんかもそのまま手軽に作れます。

泡立て器もついているので、クリームのホイップもあっという間でしょう。

一人暮らしには非常に便利な機械ですね。

今回は、これを使って「なんちゃって麻婆豆腐」を作ってみました。
フィンランド製の木綿ごし豆腐(約3ユーロ、高級食材です)は、ストックマンで手に入ります。
d0036358_3251016.jpg
見た目も、いかにも豆腐と行った感じのパックに入っています。
賞味期間が異常に長いですが、中にどんな薬品が入っているかは見ない見ない。

生の赤いチリと生姜、にんにく、タマネギは好みの量をフードプロセッサでみじん切りに。
豚肉は適当な大きさに切ってから、これもフードプロセッサでミンチにします。
味付けは、醤油とオイスターソース、そしてケチャップです。
辛みが足りないと思ったら、カイエンペッパー(唐辛子)をお好みで加えます。

そして出来上がりはこんな感じ。

d0036358_3342076.jpg


ゴハンは卵チャーハンにしてあります。
中華な材料はオイスターソース(これもストックマンで入手可)だけですが、ケチャップの醸し出すチープな味わいが、◎美屋の麻婆豆腐の素っぽくて、意外といい感じです。
[PR]
by lapintie | 2005-09-20 03:46 | 生活
<< 秋の気配 国際線なのに >>