ヘルシンキのニシン市場

今週末は会社のオフィスのあるVantaa(空港の近くです)に行く用事があったので、ついでにヘルシンキ市内まで足を延ばし、土曜日までと聞いていたニシン市場に行って来ました。
ヘルシンキ在住の「旅する物理屋」のまーらいおんさんと事前に待ち合わせの約束をしていたので、プチオフ会も兼ねています。
まーらいおんさんの第一印象は、おーっ理科系って感じで、自分の大学時代が懐かしくなりました。(工学部でしたけど)
ストックマンの前で待ち合わせをし、既にニシン市場を経験済みのまーらいおんさんの案内で、いざ会場のマーケット広場へ。
d0036358_1692738.jpg
d0036358_168358.jpg
まーらいおんさんの話では、以前よりだいぶ店の数が少なくなっているとかで、最終日を待たずしてさっさと店を畳んでしまった人たちもいるようです。(あまりの人気のため、完売してしまったのでしょうか?)
各種のニシンの酢漬けの他にも、サーモンの酢漬けや大きな焼きサーモンロール(焼豚のサーモン版のよう)なども売っていました。
自慢げに自分たちのニシンの酢漬けが穫ったと思われる、賞のカップを置いている店も多く見かけました。
d0036358_16183874.jpg
こちらは会場の港に停泊してある船のレストランです。
d0036358_16183886.jpg
船の入り口近くでは、かなりビミョーなムーミンがお出迎えです。
d0036358_16212596.jpg
会場内も一通り見学し、買い物も済ませた後、フードコーナーに向かい昼食をとりました。
最初にまーらいおんさんがムイクトの唐揚げとサーモンのセットを頼んだのですが、そのあまりの量に圧倒され、比較的量の少なそうなハワイアン・サーモン(単にパイナップルが乗っているだけだなどと言ってはいけません)というのにしました。
これでもかなり量が多かったです。

食事の後は屋外マーケットの方も一通り見物し、少し冷えたので「屋内」のカフェで「コーヒー」を飲みながら、何だかんだと長話。やはり日本語が話せるっていいな。
しかしこの時期でも「屋外」のカフェで「ビール」を飲んでいるフィンランド人にはビックリです。
d0036358_16364370.jpg
コーヒーの後に外に出たら、いつのまにか青空が広がっており、きれいな青空を背景にして大聖堂を撮らねばと、またマーケット広場の方に引き返しました。
マーケット広場ではお店がすっかり片付いており、代わりに港では先ほどは無かった多数の帆船が停泊していました。ジョン(犬)もこの船に乗ってきたのかな?と勝手に名前を付けて呼んでみました。

そんな訳で、久し振りに楽しい週末を過ごす事ができました。まーらいおんさんサンキューです。
で、買って来たのがこれです。
d0036358_1647368.jpg
マスタード味のニシンの酢漬けとサーモンの酢漬け。そして焼きサーモンロールの3品です。
どれも良い味で、日本人の味覚にもマッチしていました。
[PR]
by lapintie | 2005-10-09 16:52 | フィンランド
<< ノキアの携帯電話 空きビン再利用 >>