ストックホルムまでUターンの船旅

週末は、トゥルクとストックホルムの間を結ぶ、シリヤラインの船旅に行っていました。
でかい船です。このトゥルク発の船の方がヘルシンキ発のものよりも新しく、サイズも大きいそうです。
d0036358_58792.jpg


(友人:以下ゆ)船でかいですねー。これだけでかいと、エンジンってどれくらいあるんですかね?
(私:以下わ)そうだねー、V6 3リッター、ツインターボくらいはありそうだね。
(ゆ)クルマじゃないんだから、3リッターってことはないでしょ!
(わ)そっか。じゃあ3.5リッター。
(ゆ)エンジン掛けるのも大変そうですよね。
(わ)なんでも、押し掛けらしいぞ。出発時に係の人が総出で押すらしい。
(ゆ)だから、クルマじゃないって言ってるでしょ!
(わ)ごめん、本当は中で数百人もの中国人が漕いでいるという話も。
(ゆ)だったら、何で煙突なんかがあるんですか!
(わ)あれは、中の中国人がものすごい量のタバコを吸うので、換気してるんだよ。

私の友人は、エンジニアの端くれであるわたしの言うことを、ちっとも信じない頑固者です。

トゥルク港を夕方6時半に出発し、翌日の早朝5時にストックホルムに到着。そのまま下船せずに(実際には熟睡したままで、朝気付いたら既にトゥルクに戻る途中)Uターンし、夕方5時にトゥルクに戻って来るという、単に船の中で時間を過ごすという旅です。
d0036358_518287.jpg
先ずはターミナル内のバーで、軽くビールを一杯。夕日が眩しいです。
乗船する時には、お約束のムーミンが、営業シーズンの終わったナーンタリから出稼ぎに来ていました。
d0036358_5232944.jpg
船の中には、巨大な免税店、レストランやバーラウンジ、サウナにジャグジー、カジノにカラオケなどがあり、船の上で食べて飲んで騒いで楽しむとうい旅です。寝るところは船室が確保されていますので、あとはとことん夜更けまで船の中で飲んで、歌って、踊って、吐いて、好きな時に帰って寝るだけという感じです。大人から子供まで夜遅くまで楽しんでいました。
ダンスフロアも若者用とシニア層向けの2箇所あり、シニアな方々も熱く踊り続けていました。写真はシニア向けのフロアです。
d0036358_523149.jpg
翌日は免税店でお買い物です。お目当てはずばり「お酒」。ヘルシンキVantaa空港よりも大きなお酒の免税店が乗客のみなさんを待っています。午前中はみんな爆睡中らしく、人出はほとんどありません。みなさんお昼過ぎから買い物にやって来ました。
キャリーバッグのような物がありますが、これは「免税限度目一杯お徳用セット」で、ビールや洋酒、ワインなどがお得な価格で既に荷造りされた状態になっています。このまま引いて帰ればいいだけの優れものですね。(お昼過ぎに行ったら、もう売り切れでした。)
船内には空き缶の回収機まで設置してあり、船内の空き缶をかき集めたて来た人が、小遣い稼ぎをしていました。
d0036358_545102.jpg

トゥルクに近づくに連れて天気も良くなって来ました。しかしデッキの上は風が強く、もうこの時期では寒くて長時間外に出ていることは出来ませんでした。
d0036358_5491645.jpg
トゥルクに到着すると、みんな船の中で買った沢山のお酒を引きずりながら下船です。ちょっとピンぼけですが、ハイネケン4ケースでコーラが1ケースがオマケになる、キャリー付きパックを買った人ですね。
これも、フィンランド人の娯楽のひとつなんでしょう。

私ですか?
買ったのはこれだけです。
d0036358_615955.jpg
OLVI缶ビール1ケース(330ml 24本パック)18.50ユーロです。高いですか?
はい、お値段は高いですが、アルコール濃度も最高の8.5%です。1本で2本分のアルコールが摂取可能な、お得なビールです。
[PR]
by lapintie | 2005-10-17 06:18 | フィンランド
<< 冬支度 Crazy Days >>