独立記念日のお楽しみ

今日、12月6日はフィンランドの独立記念日でした。
1917年の今日、フィンランドはロシアからの独立を宣言しました。
色んな式典や行事、パーティが開催されますが、市民の楽しみは花火大会です。
d0036358_25779.jpg
夕方6時頃から、中央広場やタンメルコスキ川沿いに大勢の市民がやって来ました。みんな寒い中(と言っても、今日は気温も高く1度前後だったでしょうか。)花火が打ち上げられるのを待っています。
d0036358_30615.jpg
d0036358_303243.jpg
6時半過ぎに、周りの照明が消え、花火が打ち上げられ始めました。最初は小さな花火でしたが、だんだんと大きな花火が上がり始め、大きなものは端が地面に付きそうなくらいでした。タンメルコスキ川を挟んで至近距離で上がる花火は迫力満点で、日本の花火より小さいのでしょうが、距離が比べ物にならないくらい近いため、日本の花火より迫力がありました。
時間にして15分くらいでしたが、花火が終わると共に市民が一斉に帰路につき始めたので、道路は大混雑となっていました。
[PR]
by lapintie | 2005-12-07 03:09 | フィンランド
<< コペンハーゲン出張報告(2) コペンハーゲン出張報告(1) >>