寒いのにオフミ

今日もマイナス20度。でも、昨日よりは暖かい(?)かな。
こんな寒空のもと、約束とは言え、ヘルシンキ在住のまーらいおんさんにタンペレまで来て頂き、2回目のオフミです。先週はこんなに寒くなるとは思ってもいなかったので、マーケットでタンペレ名物のブラックソーセージを食べましょうと、約束していたのですが、いざ当日を迎えたらこの寒さ。まーらいおんさんには申し訳ないな〜と思いつつも、駅までお出迎え。早速、タンメラントリに向かったのですが・・・

やっぱりこの寒さじゃ、マーケットなんてやってないですよね。広いマーケット広場にポツンと2軒ほど店が出ていましたが、お客さんは殆どいません。ブラックソーセージの売店もとりあえずはやっていましたが、この寒さじゃ、外で食べていたらあっと言う間にソーセージが凍りそう。そんな訳で、計画変更。クルマでタンペレのローカル観光をすることに。

まず向かった先は、Pyynikkiの展望台。
1階のカフェでお約束のドーナツ(タンペレに来たら是非食べましょう)とコーヒーを頼んで、ひとまず休憩。温かいコーヒーで身体を温めます。こんなに寒い日でも、ここには結構お客さんが来ます。日本のガイドブックでは紹介されることは少ないですが、地元の人たちには人気のスポットです。
コーヒーで身体を温めた後は、展望台からタンペレ市内を望むことに。
さ、さ・・・寒ーーーーい。展望台の上は風もかなりあるので、メチャクチャ寒い。
それでも、展望台から望む冬のタンペレ市内も、結構キレイなもんです。
d0036358_114385.jpg
Näsijärvi湖(右)もPyhäjärvi湖(左)も見事に凍っていますが、まだ氷が薄いのか、湖の上に出ている人はいないようです。
d0036358_1192693.jpg
タンペレの市内も見るからに寒そう。このあとデジカメに異変が・・・。
シャッターボタンを押しても、ピントが合いません。寒過ぎてモーターが動かなくなったのでしょうか?しばらくポケットに入れておくと、最初はちゃんと写っているのですが、すぐにピントが合わなくなります。さすがにマイナス20度では、デジカメも仕事をしたくないようです。
まーらいおんさんのカメラも最初は何ともなかったようですが、徐々に動きが悪くなって来たようです。本人たちもカメラも限界のようなので、これで終了。
これだけ寒いと、写真を撮ることも試練になってしまいます。

昼食は、こちら。
d0036358_1282168.jpg
タンペレ郊外にあるブラックソーセージの工場「Tapola」です(もちろん、ブラックソーセージ以外も作っています)。ここはレストランが併設されていて、出来たてのブラックソーセージがその場で食べられます。カウンターでブラックソーセージと牛乳を頼んで、まーらいおんさん念願(?)のブラックソーセージ体験。感想はまーらいおんさんのブログで確認して下さい。
ここも、地元の人たちには人気のスポットのようで、次から次へとお客さん(親子連れが多い)がやって来ます。近くにはヘスバーガーというハンバーガーショップもあるのですが、圧倒的にこちらのほうが人気です。何故って?
ブラックソーセージと180mLの牛乳を頼んで、1.70ユーロだったでしょうか。ハンバーガーのセット1つの値段(5〜6ユーロ)で、3人分のブラックソーセージが食べらますから。

ブラックソーセージでお腹いっぱいになった後は、アパートで一休み。
日本で買って来たお土産を渡した後は、お正月に録画してきた「さんまのまんま」を観て、日本気分に浸りました。暫く日本に戻っていないまーらいおんさんにも、満足して頂けたようです。

昨年からいろいろと体調を崩して大変だった、まーらいおんさんの気分転換になったら幸いです。まーらいおんさん、お疲れさまでした。
[PR]
by lapintie | 2006-01-22 01:59 | フィンランド
<< マイナス20度って、どんな世界? 不思議な光景 >>