ラップランド

週末は、ラップランドまで行って来ました。
d0036358_5493870.jpg
タンペレ22:24発の夜行寝台車で、一路北へ。奥に見える白地に赤いラインの列車は、2月から導入された、最新式の2階建て寝台列車です。個室内にはトイレが完備され、更にシャワー室まである快適列車のようです。
今回の旅はトゥルクの友人とその知り合いという、日本人男女5人構成です。そんな訳でタンペレ駅からみんなに合流。早速、みんなで食堂車に向かいましたが、そこは既に酔っぱらったフィンランド人の溜まり場。みんな、テーブルの上に沢山の空になったグラスを重ねています。一人で幾つものグラスを持って席に向かうので、みんなの分を買っているのかと思えば、自分用。何度も買いに行くのが面倒なので、最初からまとめて買っておくようです。列車の始発からずっと飲んでいたんでしょうね。酔っぱらいのフィンランド人は危険な事が多いので、我々は早々に引き上げ、部屋で飲む事にしました。
d0036358_5522938.jpg
朝です。夜行列車は、朝の8時前に北の玄関口、ロバニエミに到着予定でしたが、何故か列車の中から既に朝日が見えます。
実はこの夜行列車、ロバニエミの手前100キロほどの所にある、ケミという駅で機関の調子が悪いらしく、立ち往生してしまいました。2時間近く停車して、なんとか動き出したかと思ったら、ガクンガクンと揺れて何度も途中で停車。しまいには1時間半遅く出た、もうひとつ後の夜行列車に途中で追い越される始末。この時ばかりは、何事にも動じないフィンランド人の表情も、険しくなっていました。
結局、予定より2時間以上遅れて、10時過ぎにロバニエミにようやく到着。
d0036358_6104087.jpg
本当なら薄暗いはずなのに、見事な迄の青空。眩しいくらいです。
d0036358_612481.jpg
ロバニエミ駅です。ここからバスに乗り換えて、更に北に向かいます。そして、2時間ほどでついに到着!
d0036358_6165044.jpg
スキーリゾートとしても有名な、レヴィに着きました。さすがに寒いです。(写真は翌朝の撮影ですが、気温は同じくらい)
ここまで来たら、スキーをしなきゃもったいない。でもそんなに気合いを入れて滑るほどの体力はないので、スキーに来たという証拠のためにスキーをレンタルし、とりあえず記念撮影だと、ゴンドラで上まで行きました。そうしたら・・・
d0036358_624197.jpg
ビューティフルな夕焼けが、360度眼前に広がっています。到着が遅れたせいで、逆に一番きれいな景色に巡り会えたようです。早く着いていたら、スキーに疲れて、夕焼けを見られなかったことでしょう。すべては結果オーライ。
d0036358_6255423.jpg
コースの途中にあった樹氷も幻想的です。
d0036358_6282296.jpg
ゲレンデはほとんど人がおらず、貸し切り状態。日本のように人をよけて滑る必要もありません。結局は大した時間は滑りませんでしたが、逆にそのおかげで疲れがあまり残らず、筋肉痛に苦しむ事もありませんでした。
d0036358_631722.jpg
これが、リフト券です。ナイター設備もあるので、好きな人は夜遅くまで滑る事が出来るようです。我々には無用ですが。

夜はオーロラ見学にも出掛けたのですが、夜になると薄くガスが掛かって来て、残念ながらオーロラを見ることは出来ませんでした。1泊2日のラップランド旅行でオーロラが見られる程、フィンランドも甘くはないようです。
[PR]
by lapintie | 2006-02-08 06:56 | フィンランド
<< サンタ村 週末は・・・ >>