クルマ好き

クルマ好きな人にはたまらないイベント、ホットロッド・アンド・ロックショーに行って来ました。
d0036358_1332466.jpg
見ての通り、旧いアメ車がメインのクルマのショーなので、この手のクルマに興味ない方は、パスして下さい。場所はタンペレの郊外にある、コンベンションセンターPirkkahalli。
d0036358_1394376.jpg
会場は、かなりの人でごった返していました。生憎と、日本でよくあるクルマのショーと違って、個人のクルマを持ち寄って展示しているショーなので、キレイなおねーさんがクルマの横で、ポーズを取っていたりはしません。
展示されていたのは、レストアした旧いアメ車や、やんちゃな改造をした最近のクルマ、アメリカンなバイクに、キレイな絵の書かれたトラックなど。高級なスポーツカーの類いが一切無いのが、庶民的でいいです。
d0036358_1484218.jpg
旧いアメ車たち。レストア前のポンコツまで展示してあります。
d0036358_1495724.jpg
こちらは、アメリカンなバイク。
d0036358_150539.jpg
クルマの模型やミニカー、雑誌なども売っていました。
会場ではガンガンと派手な音楽が流れ、ビバ、アメリカン!な感じが全体を包んでいましたが、片隅でひっそりとこんなクルマもいました。
d0036358_1534328.jpg
旧いシトロエンのキャンピングカーと、自分たちも展示の一部となって、ワイングラスの前で話をしている男性。クルマの年代が同じでも、アメリカとフランスではこんなに雰囲気が違います。
d0036358_157485.jpg
こちらは、旧いフォルクスワーゲン。ライトグリーンにペイントされたキャンピングカーの内装は、なんとマリメッコ。オシャレです。冬のスキー場での一コマを再現しているようでした。
旧いアメ車と、ヨーロッパ車。クルマ自体はアメ車の方が見ていて楽しいですが、やはり個人的には旧いヨーロッパ車の方が、センスがあって好きです。
[PR]
by lapintie | 2006-04-12 02:11 | クルマ
<< アウリンコ 少しだけ春 >>