スペイン旅行(その2)

前日の夜の雨が嘘のように、きれいな青空になりました。午後1時過ぎの列車でバルセロナに向かうので、午前中に市内を観て回ります。最初に向かったのは、マドリードと言えばリアル・マドリードと言うことで、サッカースタジアムへ。
d0036358_1201985.jpg
試合を見られる訳ではないので、外から眺めるだけですが、街の中にそびえ立っているため、非常に大きく感じます。

サッカースタジアムの後は、地下鉄で中心部に戻り、ノルデ駅の横に広がる、スペイン王室の王宮へ。
d0036358_1225087.jpg
さすがは、かつて栄華を誇ったスペイン王室。見るからに豪華絢爛。中に入るための列が、遥か彼方にまで延びていたので、王宮の中には入れませんでしたが、門の外からの眺めだけでも十分。王宮の向かいは、アムルデナ・カテドラル。こちらもきれいです。

バルセロナへは、少し離れたアトーチャ駅から出発するので、市内を歩きながら駅へと向かいます。
d0036358_237166.jpg
旧市街にある、マイヨール広場。建物の壁面一面に、絵が描かれています。これも壁画と言うのでしょうか?
d0036358_1231588.jpg
スペインには、バーとレストランが一緒になった「バル」という店が沢山あり、朝から営業しています。この店では、店の前でペンギンがビール飲んでます。このミニチュアがあったら欲しい・・・。
スペインの郵便ポストは、ラッパのマークで色も黄色です。
d0036358_1233216.jpg
それから、スペインは生ハムでも有名らしいです(知りませんでした)。美味しそうな生ハムを、あちらこちらで売っていますし、バルの中にも多数ぶら下がっています。

そうこうしているうちに、アトーチャ駅に到着しました。
d0036358_1235717.jpg
駅の構内は、なんと熱川バナナワニ園状態。屋根がガラス張りで温室のようになっており、何だか無駄にすごい。しかし、構内が暑い!
d0036358_1241580.jpg
バルセロナへは特急列車で5時間強。窓の外は、果てしなく広がる大地。緑の平原だったり、荒れた荒野だったり。列車内では無料のインナーイヤー型ヘッドフォンのサービスがあり、飛行機のように天井のモニターで、TV番組や映画を上映していました(もちろんスペイン語のみ)。
d0036358_1243065.jpg
明日はバルセロナ市内でガウディ建築めぐりと、闘牛ツアーです。
[PR]
by lapintie | 2006-04-21 02:43 | トラベル
<< スペイン旅行(その3) スペイン旅行(その1) >>