日帰りでタリン観光

トゥルクに住む日本人の知人と、フィンランドでもGWだと勝手に決めて、日帰りでタリン(エストニアの首都)観光に行ってきました。

ヘルシンキに住んでいれば気軽なタリンも、タンペレやトゥルクからだとVR(フィンランドの鉄道)に乗ってヘルシンキまで2時間弱。タリンまでは高速船で1時間40分。
結局、国内移動の方が時間かかってます。

5月2日はVappuの翌日だから、フィンランド人はみんなヘロヘロで旅行どころじゃないだろうと考えての日程でしたが、大当たり。
d0036358_034342.jpg

キャビンは本当にガラガラ。
テーブル席に座ってビール飲んでいるうちに、船は猛スピードでカッ飛び、
d0036358_065292.jpg

(写真はイメージです。)あっという間にタリンに到着しました。
下調べ無しでしたが、ターミナル出口付近に無料のガイドブックと地図があったので、ひとまず安心。

ターミナルから旧市街に向かうと、最初に現れるのがSt. Olaf's教会。
d0036358_0204079.jpg

売店でチケットを買って、ドアの向こうの狭くて急で暗くて長い階段を上れば、展望台に出られます。(地上60メートルとチケットには書いてあります。途中、息切れした人の休憩用に、親切にベンチもあり。)
d0036358_0242734.jpg

ここからの眺めは最高! でも、ここは展望台じゃなくて、屋根の縁に頼りない細い板と柵を付けただけ。人とすれ違う時には、屋根にへばりつかないと逃げ場が無いという代物。高所恐怖症でなくて良かった。結構なお年寄りも上っていましたが、階段は急だし、きっと降りる時のほうが大変だったんでしょうね。

d0036358_040255.jpg

旧市街は狭いので、数時間もあれば一通り観光も終了。Town Hall広場のオープンカフェで、エストニア料理とビールを飲んで、暫しの休憩。うーん、フィンランドより食事が美味い!

その後知人は、トゥルクの日本料理店のご主人に頼まれたタバコを買い、任務も完了。駆け足のタリン旅行が、あっという間に終わりました。

ちなみに、一般的なフィンランド人がタリンに来る目的は一つ。パンパンに膨らんだキャスターバッグと更に大きなスポーツバッグまで、重そうに持っていますね。
d0036358_059529.jpg

中身は、そう「お酒」です。フィンランドは少し下がったとは言え、まだまだ酒税が高いですから、みんなでエストニアまで買い出しです。ホント酒好きだねー。

<おまけ>
タリンの旧市街の中で、こんなパトカーを発見。
d0036358_175571.jpg

スバル・インプレッサWRXです。こんな日本車をパトカーにするんですねえ。こっちの人は、みんなラリー好きなのかな?
[PR]
by lapintie | 2005-05-04 01:26 | トラベル
<< アパート VappuはDip! >>