種類が多すぎ

日本に仕事で行っていたフィンランド人が、「日本のスーパーはフィンランドと全然品揃えが違う。」と言っていたので、何の事かと訊いてみたら、「ソーセージがちょっとしか売っていない!」とのこと。

確かにフィンランド人は大のソーセージ好きで、何時でも何処でも「マッカラ(makkara)=ソーセージ」を焼いて食べている気がします。(会社の食堂でお昼のメインディッシュがグリルソーセージだけ、あとはマッシュポテト。なんて日常茶飯事です。)

スーパーでのソーセージの品揃えは、フィンランドではこのくらいが普通です。
d0036358_148407.jpg

売り場の端から端まで、1列すべてソーセージです。肉の種類や肉の含有量、大きさなどあまりにも種類が多すぎるので、何を買ったらいいのか見当がつきません。
ちなみにスライスハム、ソーセージもこんな感じです。
d0036358_1515774.jpg

こんな状況に慣れていたら、日本のスーパーでは「ソーセージが無い!!」と叫ぶ気持ちも判るような気がします。
[PR]
by lapintie | 2005-05-19 01:57 | フィンランド
<< 意外なメイド・イン・フィンランド いただきます(2) >>