2005年 11月 10日 ( 1 )

ちょっと凹む

最近、ノキアの携帯電話の新製品ラッシュがすごいです。
この1ヶ月くらいで10種類以上、発表されたんじゃないでしょうか。
今の時代、新製品で買っても数ヶ月もすれば、旧モデルになってしまうのは仕方がないです。
それでもやっぱり、新しい携帯電話はどんなもんか、興味はありますよね。
電気屋さんで見て来ました。

が、全部近日発売で、現物は無しでした。

ノキアの6630(ボーダフォン702NK)は300ユーロ台にまで、価格が下がってました。
後継機種の6680(ボーダフォン702NK II)も、だいぶお安くなって来て、439ユーロ。
最近のノキアの新製品は、売り出し初期の価格が以前より下がって来て、多機能な新製品でも400~500ユーロくらいになって来ましたから、ちょっと旧い機種はそれより安くなってしまうのは、ある意味しょうがないですね。
自分が買ったN70は600ユーロ以上しましたので、結構高い買い物になりました。
当時は在庫も少なく、売っている店も限られていましたが、ようやく量販店でも見かけるようになりました。
今はどれくらいまで、値段が下がっているのでしょう?

えーっと、N70はどこかな〜? ありました!

「438ユーロ」

6680より、1ユーロ安いです・・・。
発売から1ヶ月しか経っていないのに、発売から半年くらい経過した機種より、既に安い・・・。
d0036358_1595312.jpg
左がN70で右が6680(702NK II)です。
殆ど双子のような外観(機能も)です。6680の社内パチもんと評判です。
カメラが2メガピクセルである以外、機能にたいした差もなく、見た目も一緒。
でも値段は高いとあっては、賢いフィンランド人は誰も買わなかったようです。
店も新しい方を売らなきゃいけないので、コピー品はオリジナルより安い値段にまで暴落した模様です。

1ヶ月で約2万5千円が泡となって消えて行きました。
[PR]
by lapintie | 2005-11-10 01:06 | 生活