カテゴリ:フィンランド( 153 )

明日はVappu!

フィンランドの春を告げるお祭り、Vappuを明日に控え、フィンランドはここ連日よい天気。そのせいか、去年よりも活気があるようです。
d0036358_3533838.jpg


今日はこのブログを通して知り合った、タンペレ界隈に住む日本人によるオフ会を開催しましたが、予想を上回る参加人数となりました。参加されたみなさん、ありがとうございました。
天気は良かったものの、Pyynikkiの展望台は小高い丘の上にあるせいか、少し肌寒かったのですが、暖かいカフェの中では、みなさんと楽しい時間を過ごせました。

オフ会の後、学生さん達を中心に何名かでタンメルコスキ河畔に向かい、お酒を飲み始めましたが、河畔はものすごい人で大賑わいとなっていました。
d0036358_3445387.jpg
みんな夜通し飲むのでしょうか?若い人たちは無敵でいいですね〜。(年寄りは夜風は身体に悪いので、早めに退散です。)
でも、飲み過ぎには注意しましょう。酔って暴れたりしないでね。

d0036358_446246.jpg

そんな忠告は、飲み始めたフィンランド人には無用です。老いも若きも、夜には皆酔っぱらい。
Vappuの前の夜は、フィンランド人が羽目を外してもいい、特別な日。

Hyvää Vappua !
d0036358_13414990.jpg
                ・・・宴の翌朝
[PR]
by lapintie | 2006-05-01 03:56 | フィンランド

春のフィッシュ・マーケット

先週末は、春の訪れを告げる、フィッシュ・マーケットが開かれていました。フィッシュ・マーケットは、春と秋の年2回開かれますが、これから暖かくなるという、この時期に開かれるマーケットの方が、活気があるかも知れません。
d0036358_2183938.jpg
アイスクリーム・スタンドも始まっていて、アイスクリームを買い求める人たちで、長蛇の列になっています。まーらいおんさんお薦めの、サルミアッキアイスもあるんでしょうが、個人的には黒くないアイスが好きです。
(ちなみに、ここにあるアイスクリーム・スタンドは、店員さんの美女率が高いです。)
d0036358_2275232.jpg
フィッシュ・マーケットには欠かせない、炙りサーモンのお店いろいろ。真ん中のお店では、仕上げにブランデーを惜しげも無くかけて、フランベしてくれます。グラム売りしてくれるので、丸ごとじゃなくても買うことができます。
たくさんの食堂も出ていますが、屋台っぽい庶民的な店から、ちょっと洒落た店までいろいろ。
d0036358_2324474.jpg
こちらは、盛り付けが洒落た店のメニュー。右の写真のランチは、フツーのレストラン並みの飾り付けです。炙ったサーモンと、ホワイトソースを挟んだ白身魚のソテーのセットは、9ユーロ。絶品でした。
d0036358_2475537.jpg
イチゴやエンドウ豆も並び始めました。一気に夏も近付いているようです。
[PR]
by lapintie | 2006-04-26 02:56 | フィンランド

偉大な芸術家

週末は好天に恵まれ、日中は15度くらいにまで気温が上がりましたが、そこはフィンランド。まだ夜から朝にかけてはグッと冷え込み、0度くらいにまで下がります。日曜日は少し風もあり、ピュハヤルビ湖畔を散歩していると、波の音がかなり聞こえます。
ふと耳を澄ますと、シャリシャリともカシャカシャとも違う、何か金属質な硬い音がします。湖岸に降りてみると・・・。
d0036358_25417.jpg

夜のうちに薄く張った氷が、波で砕けて湖岸に打ち寄せられ、波に揺られながら重なり合う音でした。冬の始まりにも同じような光景を目にしますが、どんよりとした寒空で見るのとは異なり、抜けるような青空のもと、太陽の光を受けて輝くその姿は、自然の作り出した不思議な光景。
春の訪れを感じさせる太陽の日差しの下、iPodから流れるお気に入りのSmooth Jazzを聴きながら、波の音と氷の奏でる不思議な音に耳を傾けていると、最高にリラックスした気分になります。


先日のバルセロナでは、偉大な芸術家ガウディの、その圧倒的な才能に驚かされましたが、もっとすごい偉大な芸術家がいました。



d0036358_2542136.jpg
ピュハヤルヴィ湖の波が作り出した、氷の城。どうやったらこのような形になるのか、想像もつきませんが、波打ち際に寄せられた氷が重なり合い、そして波に揺られながら出来上がった、偶然の産物。自然は偉大な芸術家です。
[PR]
by lapintie | 2006-04-24 03:36 | フィンランド

春到来!

土曜日は、待ちに待った春がやって来ました。
d0036358_4324615.jpg
森と湖が育んだフィンランドのおいしい水、FINNAQUAを飲みながら、ひなたぼっこしましょう。
[PR]
by lapintie | 2006-04-23 04:36 | フィンランド

アウリンコ

やっほーぃ。ついにアウリンコ(お日様)が顔を出しました!!
d0036358_392870.jpg
前回は演出された春の写真でしたが、今回はちゃんとお日様も写っています。今度こそ、ホンモノです。
仕事をしていても、外の日差しが気になってしょうがない。早めに仕事を切り上げ、帰ろうとしたら、「今日は天気がいいねえ。これから散歩?」と、見事に言い当てられました。
ナシヤルヴィ湖は、まだまだ凍っていますが、ピュハヤルヴィ湖のほうは大分氷も溶けて来ているとのことだったので、早速散歩に行ってきました。久し振りの太陽は、気持ちいい。まだ足元の雪は残っているので、多少歩きにくいですが、それでも足取りは軽やか。
d0036358_318535.jpg
湖畔を歩いて、そのままPyynikkiの丘の上まで行き一休み。その後、展望台のカフェでコーヒーとドーナツを食べて、家に戻るまでの約2時間の散歩でした。雪が完全に溶けるまでは、まだまだ時間が掛かりそうですが、少しずつ春が近づいて来たようです。
[PR]
by lapintie | 2006-04-13 03:27 | フィンランド

イースターまで、あと1週間

来週末は、イースターです。タンペレの中央広場にも、イースターの花である水仙が飾られ、イースター気分を盛り上げようとしています。
d0036358_2153851.jpg
旧市庁舎の白い色を背景にすると、水仙の黄色も映えます。春はもう、そこまで来ているのでしょうか?

写真に騙されてはいけません。
d0036358_218560.jpg
ちょっと向きを変えればこの通り。向こうに見えるのは、雪です。
今年は異常に春が遅く、積もる程ではないにせよ、今でも雪が降っています。気温も1、2度と低く、朝では氷点下になっていたりします。そんな訳で、雪がなかなか消えず、緑の景色になるには、まだまだ時間が掛かりそう。
イースターが終わったら、春になっているといいのですが・・・。

イースターなので、巨大なたまご型のキャンドルを購入。
d0036358_224205.jpg
かなりの長時間、燃えていそうです。キャンドル萌え。
[PR]
by lapintie | 2006-04-08 02:34 | フィンランド

春まだ遠し

今日から4月だって言うのに、昨夜から今朝にかけて、また雪が積もりました。
朝、外を観たら一面真っ白。今は道路の雪が溶けて、ぐちゃぐちゃです。

去年の4月3日の写真はこんな感じ。
d0036358_1832556.jpg
まだ雪は残っているものの、芝生はほとんど顔を出し、湖の氷も溶け始めていました。
親子3人でひなたぼっこ。平和なフィンランドです。
なのに今の景色は・・・
d0036358_18444918.jpg
なまり色。

今年のイースターは4月の第2週なので、きっとイースターに合わせて季節が変わる(去年は3月末)ようになっているのでしょう。

気分直しに、4月から7月までのカレンダーを掲載。
d0036358_18475127.jpg
Huhtikuu(4月)、Toukokuu(5月)
d0036358_18504515.jpg
Kesäkuu(6月)、Heinäkuu(7月)

ここから先は、日本のカレンダーになるのでしょうか?
[PR]
by lapintie | 2006-04-01 19:00 | フィンランド

「かもめ食堂」・・・じゃないけれど

2年前の冬のある日、ヘルシンキからちょっと離れた、ムーミン達が住むムーミンワールドのすぐ隣、トゥルクの街角に小さな食堂がオープンしました。その店の主は、日本人の女性、やすこでした。道行くフィンランド人がふらりと入って来て、素朴な日本のごはんを食べながら、楽しい時間を過ごしてくれる、そんな風になればいい、そう思ったやすこは、献立も日本の家庭で食べるような、家庭料理をメインメニューにしました。日本食レストランではなく、あくまでも家庭の味。そう考えたやすこは、店の名前を自分の家の台所という意味で、「やすこの台所(Yaskon Keittio)」に決めました。
もっと気軽に、日本の味をフィンランドの人達に知って欲しい。SUSHIじゃない、気取らない本当の日本のごはん。そう思ってやすこは毎日、自分の「台所」でごはんを作り続けました。そうするうちに、街を行くフィンランド人が一人、また一人とやすこの店を訪れ始め、気がつくと多くのフィンランド人が、やすこ作る日本のごはんを食べに来るようになっていました。

なんて、映画「かもめ食堂」のストーリー紹介を真似てみましたが、実際に「かもめ食堂」ようなお店が、フィンランドに存在していたのです。(映画のモデルではありません。)
d0036358_4444950.jpg
ヘルシンキから電車で2時間のトゥルクの街角に、「やすこの台所」というお店があります。
d0036358_44517100.jpg
焼きたてのプッラはありませんが、お店のオーブンで焼いたケーキならいつでも食べられます。訳ありな従業員やお客さんはいないかも知れませんが、フィンランドに来た時には、ムーミン達に会った帰りにでも、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
d0036358_430408.jpg
Yliopistonkatu 26, Turku (日曜休み) ANTTILAの近く

d0036358_4392125.jpg
トゥルクの街は、タンペレより全然雪も少なく、市場や通りは花で溢れていました。もうすぐイースター。水仙の花で街が飾られています。
[PR]
by lapintie | 2006-03-29 04:54 | フィンランド

今日から夏時間

26日、日曜日。
今日からいよいよ夏時間になりました。日本との時差は、1時間減って6時間。少しだけ、日本に近づきました。金曜日の雪が嘘のように、週末は好天に恵まれ、一気に春に向けて、フィンランドも走り始めたようです。
d0036358_2344632.jpg
日中の気温もプラスに転じ、外にいても気持ちがいい。(今、タンペレに来ている後任予定者は、それでも寒い寒いを連発していました。どっちが正しい感覚なんでしょう??)
d0036358_23494291.jpg
Pyynikki展望台のカフェでも、外でコーヒーを飲んでいる人たちがいました。日曜日はこのカフェには次から次へと、人が訪れます。コーヒーを飲むにも、中で順番待ちの行列が出来ているくらい。
d0036358_23531416.jpg
Pyynikkiの森の中を歩いていたら、溶け始めた雪の下から、春の兆しが現れ始めていました。少しずつ、街に緑が戻って来ます。

d0036358_2357476.jpg
ただこの時期、至る所に溶けた雪が水たまりを作ります。外を歩く時には、足元に注意が必要なのが、珠に傷。
[PR]
by lapintie | 2006-03-27 00:00 | フィンランド

またスキー

2週連続でスキーです。
日曜日は、前日に降った雪も止み、日が差して来たと思ったのもつかの間、あっと言う間に雲行きが怪しくなり、スキー場に向かう頃にはすっかり雪模様に変わってしまいました。
ところが、スキー場に近づいたら雪も止み始め、また日が差して来ました。ラッキー。
d0036358_425541.jpg
今回も先週と同じHimosスキー場ですが、先週は西ゲレンデ、今日は北ゲレンデ。一番の違いは・・・。

d0036358_4285849.jpg
フツーのリフトがあると言う点。それもペアリフト。やはりこのほうが楽です。こちらのゲレンデの方がよりファミリー向けなため、斜面も比較的なだらかで、体力的にもちょうどいい感じでした。
d0036358_5593291.jpg
(スピード感が今いちですが、少しだけスキーをしている雰囲気をお楽しみ下さい。)

そして今回、ゲレンデにいる間は雪が降らなかったのですが、帰る頃にはまたしても大雪。クルマを運転している時は、前が見えないくらいの勢いで雪が降っていました。タンペレに戻ったら、市内はかなりの積雪になっていましたので、市内はずっと雪だったのかも知れません。

今回のお気に入り写真。
d0036358_4374342.jpg
d0036358_43805.jpg
子供、かわいい。
[PR]
by lapintie | 2006-03-20 04:47 | フィンランド