<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

穏やかな週末

先週末は初雪が降り、週の半ばでは一面真っ白になったものの、今週末は一気に気温も上がり、穏やかな日々となりました。

土曜日は、天気が良かったのでぶらぶらと街に出掛け、ちょっとだけ冬支度。
まずはスポーツ用品店「INTER SPORT」で、HAGLÖFSのトレッキングシューズ「ROVER」を雪道歩き用に購入。
HAGLÖFSはスウェーデンのメーカーで、こちらではかなり有名なブランドのようです。
毎年冬になると滑らなそうな靴を買うのですが、歩き方が未熟なのか、いつも性能に満足できないでいます。
今回は底の形状もいい感じで凸凹だし、ゴアテックスなので防水もばっちりでしょう。

その後は、屋内マーケット「KAUPPAHALLI」にあるカフェで、ロールケーキとコーヒーでしばし休憩。
KAUPPAHALLIは1901年の6月にオープンしたそうで、当時のタンペレのビッグプロジェクトのひとつになっていたようです。(店内パンフレットより)
d0036358_3183163.jpg
歴史の話はともかく、ここのロールケーキはいつ食べても美味しい。
今回は何と、店のカウンターの上に小さいフォークを発見。いつもはティースプーンで食べていましたが、フォークの方が断然楽。
でもフォークはほんの少ししか置いてなく、殆どはティースプーン。
フィンランド人はティースプーンでも器用にケーキを食べるので、これは外人用??
d0036358_3173376.jpg
店はこんな感じ。
来るお客さんの殆どがこのロールケーキを注文するようで、初めはたくさんあったロールケーキが、コーヒーを飲んでいる間に、残り2個になっていました。

このカフェの近くには肉屋さんと魚屋さん。
d0036358_329535.jpg
肉屋さんの店先に巨大なヘラジカの頭部が飾ってあります。鹿の肉もあるのでしょうか?
まあ、これが牛や豚の頭部だと現実的過ぎて、引いてしまいますが・・・。
この店は1949年からここで営業している、古参の店の一つのようです。
結構入れ替わりは激しいようですね。

こちらの魚屋さんは、タンペレで一番いきのいい魚が手に入る店として、評判らしいです。
d0036358_3414730.jpg
確かに、生の魚がいろいろあります。
サーモンも何種類かあるようですが、違いがよく分かりません。
ニシンやカマスも生のまま売っています。牡蠣や何かの二枚貝、イカもありました。
ガラスの容器に入った赤いものはイクラ(マスの卵)ですね。
ここで店の人と会話をしながら、魚を買えるようになりたいですが、今回は見てるだけ。

その後、北欧のユニクロ「H&M」でセーターを買いました。
この店は安くて品数も豊富なんですが、やはり最近の安い衣料品は「Made in China」になってしまうのが寂しいです。
ところがこのセーター、安い(こちらの感覚で言ったら安いだけで、実際は29ユーロ)割にはタグの所に自慢げに「Made in Italy」の文字が踊っていました。
海外ブランドでイタリア製ってことになれば、ブランドに興味の無い日本の同僚達が見たら、えらく高いセーターだと勘違いするかも知れません。
今度是非試してみましょう。

日曜日は気温も9度くらいにまで上がり、曇ってはいましたがのどかな日となりました。
日本にいたら9度だと寒く感じるでしょうが、既にマイナス気温を体験してしまった身には、ぬるい温度です(笑)。
夕方になってから、新調したトレッキングシューズを馴染ませるために、近くの森をウォーキング。音楽を聴きながら、アップダウンのある道を早足で歩くこと1時間。結構汗もかきます。
夕方で薄暗いとは言え、森の中ではかなり多くの人とすれ違いました。熟年カップルが揃いのウェアで仲良くウォーキングしている光景は、微笑ましいものがります。
あのように歳を重ねていきたいものです(が、その前に相手を見つけねば・・・)。

夕方暗くなるのが早いと思ったら、今日から冬時間になったので、朝がいつもより1時間遅くなり、代わりに夕方は1時間早く暗くなるんですね。
夏時間も終わったと言うことで、日本との時差は7時間。
これからどんどん日も短くなります。寒くて暗い冬に突入です。
[PR]
by lapintie | 2005-10-31 04:16 | フィンランド

週末はよい天気でした

今週の初めから降った雪も、金曜日の雨で殆どが溶けてしまい、土曜日はもとの街の風景に戻りました。
今日は風は少しありましたが天気も良く、気温も6、7度まで上がったようです。
d0036358_0443231.jpg
空もきれいに晴れわたりました。
d0036358_0453465.jpg
葉の落ちた木の枝に残った木の実が、いかにも冬っぽい感じです。
d0036358_0464048.jpg
彼も冬支度に追われ、急がしそうに走り回っていました。
ちょっと一休みしているところを写真に撮っていたら気付いてくれて、カメラ目線でサービスです。「あっ、どーもこんにちは〜」

今夜は天気が良さそうなので、
るみ姉さんのブログで教えてもらった大接近中の火星が、東の空に見えるかも知れません。
後で外に出てみようと思います。

d0036358_4512229.jpg
で、これが火星です。
街の周辺は何処に行っても街灯が明るく、真っ暗な場所を見つけるのが難しいです。
一応、明るい点が火星の「はず」です。
火星人でも写っていれば分かり易いのでしょうが・・・。
[PR]
by lapintie | 2005-10-30 01:00 | フィンランド

雪はすぐに消えるはずだったのに・・・

日曜の夜から降り出した雪は、そんなに多くはないものの、街はすっかり雪化粧。
mfさんのブログで、フィンランド各地の道路状況が、リアルタイムの写真で見られるサイトが紹介されていましたが、タンペレのライブカメラの映像(と言っても27日の朝)はこんな感じです。
d0036358_1431245.jpg
夜はマイナスに下がるので、夜に降った雪はそのまま朝まで残ります。
d0036358_1471972.jpg
日中のアパートの前庭の景色です。いかにも冬って感じになってしまいました。
昼間は0度を少し越えるくらいにまで気温が上がるため、雪は溶け出すのですが、夕方にはマイナスに戻ってしまうため、あたり一面スケートリンクと化します。
こうなると、つるつる滑って歩く時に気が抜けません。
もっと寒くなると意外に滑らなくなりますが、今の時期は溶けたり凍ったりで、最悪です。
d0036358_153189.jpg
駅前の通りは、道路はきれいに雪がなくなっていますが、歩道にはまだ雪が残っています。
月曜の予報じゃ、週の中頃から暖かくなり、金曜日にはプラス10度にまで気温が上がるはずだったのに、今のところずっとマイナスのままです。
明日はいい天気になるんでしょうか??
[PR]
by lapintie | 2005-10-28 02:03 | フィンランド

リンゴ切り器

リンゴってどうやって食べますか?
4等分とか8等分にしてから、皮を剥いて芯を取る?
それとも皮を剥いてから切り分ける?
必ずウサギさんを作る??
ヨーロッパじゃ、リンゴなんて剥かずに丸かじりさ、って?

はー、そうですか。
でも昔から皮は剥いて食べていたので、皮を剥いて切り分けて食べたいです。
でも、それが面倒くさいので、日本でもリンゴもあまり食べませんでした。
ところが! フィンランドに住むようになって、便利な物を発見。
d0036358_3152174.jpg
リンゴの向こうに見える白い道具です。何となく分かっちゃいましたね。
d0036358_3155591.jpg
皮は剥いても剥かなくてもいいんですが、自分は剥く派です。
d0036358_3144467.jpg
皮を剥いたら、芯の部分に丸い部分を合わせて・・・ウリャッ!
d0036358_3162849.jpg
見事に8個に切り分けられました。
真ん中にはくり抜かれた芯が、ロウソクのように立っています。
d0036358_3164581.jpg
後はお皿に入れて、いただきます。

手間は皮を剥くだけで、それさえも省けば、いきなり切り分けられたリンゴができます。
便利なものがあるんですね〜。名前は「リンゴ切り器」でいいんでしょうか?
これなら1分くらいで作業も終わるので、リンゴを食べるのも面倒じゃないです。
[PR]
by lapintie | 2005-10-26 03:33 | 生活

初雪です

週末はグッと冷え込み、日曜日の気温はほぼ0度。
時おり小雪がちらつくこともあり、夜になるとまた雪が降り始めていました。

明けて翌朝。
d0036358_13513062.jpg
気温はマイナス2度!(TVの天気予報では、マイナス3度となっていました。)
d0036358_1359161.jpg
雪はそれほど積もりませんでしたが、屋根の上や芝生は真っ白です。
週末にタイヤを履き替えておいて大正解でした。

もう、手袋と帽子無しでは外に出られません。

(追加報告)
初雪後、雪もすぐ溶けたと思ったのもつかの間、水曜日の朝はこうなってました・・・
d0036358_12593959.jpg
それに、吹雪いているし・・・
[PR]
by lapintie | 2005-10-24 14:03 | フィンランド

冬支度

以前書きましたが、まわりに少しずつスパイクタイヤに履き替えたクルマを見かけるようになったので、自分のクルマも冬支度です。
d0036358_4374517.jpg
日本にいた時は、毎年自分でタイヤを履き替えていましたが、今乗っているクルマは会社のリース車なので、業者さんに頼んでやってもらっています。
d0036358_441448.jpg
VIANORというフィンランド全土に展開しているこの店では、タイヤ交換だけでなく、交換したタイヤの保管もしてくれます。倉庫の中はタイヤで一杯ですね。当然、タイヤやホイールなども扱っています。
タイヤ交換の時期になると、予約でいっぱいになるので、今回は少し早めに(雪の降る前に)交換をお願いしました。
d0036358_4481226.jpg
15分程で交換作業は終了です。スパイクタイヤは当然「ノキアンタイヤ」です。
スパイクタイヤはさすがにフツーの道路ではウルサいですが、安全第一です。雪が降ってからじゃ遅いですからね。

予報では、月曜日は氷点下(!)。ちょうどタイミングも良かったみたいです。
[PR]
by lapintie | 2005-10-23 04:54 | 生活

タンペレ・イルミネーション

先週の金曜日から、街のイルミネーションに灯りが灯りました。
Tampereen Valoviikot(タンペレ光の週間)と名付けられたこのイルミネーションは、今年で40周年を迎え、点灯に際しては盛大なセレモニーも行われたようです。
このセレモニーの様子は、タンペレっ子のchobittoさんのブログでも紹介されています。
このイルミネーションは10月14日から来年の1月6日まで開催され、暗くなりがちなフィンランドの気分を明るく盛り上げてくれることでしょう。

早速、三脚とデジカメを持って街を歩いてみましょう。
d0036358_4162779.jpg
タンペレ駅前のメイン通りを中心に、交差する道路の上にもイルミネーションが灯ります。キャラクターのイルミネーションは、小さな子供に人気のようです。
d0036358_418780.jpg
メイン広場の近くのイルミネーションは少しだけ大掛かりです。
裏通りにも何気にイルミネーションがありました。
写真を撮っていると、結構多くのデジカメ愛好者が写真を撮っている場面に遭遇しました。
皆さんブログに公開するのでしょうか?

日本各地でクリスマス時期に開催される、きらびやかなイルミネーションと比較してしまうと、タンペレのイルミネーションは大変地味ですが、40年前から続いているという、長い歴史には感心させられます。
このイルミネーションを街の中で毎日見て暮らす訳ですから、日本のようなイルミネーションだとそれ自体は大変すばらしいのですが、毎日見ていたら疲れてしまいそうな気もします。明る過ぎますし。
街の風景と上手く調和した感じのする、この地味さ加減がちょうどいいのかも知れません。
d0036358_4323052.jpg

冬もすぐそこまで来ています。ムーミンも駆け足で冬支度のようです。
[PR]
by lapintie | 2005-10-21 04:47 | フィンランド

冬支度

日本では何を見かけたら冬が近づいたと感じますか?
フィンランドでは、これを良く見かけるようになると、冬がすぐそこまで来ているなーと、強く感じます。

d0036358_23324153.jpg

見たことが無い人もいるかも知れませんが、スパイクタイヤ(冬用タイヤ)です。
日本ではかなり昔に使用禁止になって、今ではスタッドレスタイヤが冬用タイヤとして使われていますが、フィンランドでは安全第一で、未だにスパイクタイヤの使用が認められています。
これでもちょっとスピードを出し過ぎで曲がろうとすれば、簡単にスリップします。
雪が降る前に、自分のクルマも冬支度をしなくてはいけないですね。
d0036358_23391846.jpg

今では6時過ぎには日が暮れます。気温も早朝では0度近くにまで下がります。
夏の時期はナシヤルヴィ湖に沈んでいた太陽も、今はメインストリートの先に沈むようになりました。
[PR]
by lapintie | 2005-10-19 23:47 | フィンランド

ストックホルムまでUターンの船旅

週末は、トゥルクとストックホルムの間を結ぶ、シリヤラインの船旅に行っていました。
でかい船です。このトゥルク発の船の方がヘルシンキ発のものよりも新しく、サイズも大きいそうです。
d0036358_58792.jpg


(友人:以下ゆ)船でかいですねー。これだけでかいと、エンジンってどれくらいあるんですかね?
(私:以下わ)そうだねー、V6 3リッター、ツインターボくらいはありそうだね。
(ゆ)クルマじゃないんだから、3リッターってことはないでしょ!
(わ)そっか。じゃあ3.5リッター。
(ゆ)エンジン掛けるのも大変そうですよね。
(わ)なんでも、押し掛けらしいぞ。出発時に係の人が総出で押すらしい。
(ゆ)だから、クルマじゃないって言ってるでしょ!
(わ)ごめん、本当は中で数百人もの中国人が漕いでいるという話も。
(ゆ)だったら、何で煙突なんかがあるんですか!
(わ)あれは、中の中国人がものすごい量のタバコを吸うので、換気してるんだよ。

私の友人は、エンジニアの端くれであるわたしの言うことを、ちっとも信じない頑固者です。

トゥルク港を夕方6時半に出発し、翌日の早朝5時にストックホルムに到着。そのまま下船せずに(実際には熟睡したままで、朝気付いたら既にトゥルクに戻る途中)Uターンし、夕方5時にトゥルクに戻って来るという、単に船の中で時間を過ごすという旅です。
d0036358_518287.jpg
先ずはターミナル内のバーで、軽くビールを一杯。夕日が眩しいです。
乗船する時には、お約束のムーミンが、営業シーズンの終わったナーンタリから出稼ぎに来ていました。
d0036358_5232944.jpg
船の中には、巨大な免税店、レストランやバーラウンジ、サウナにジャグジー、カジノにカラオケなどがあり、船の上で食べて飲んで騒いで楽しむとうい旅です。寝るところは船室が確保されていますので、あとはとことん夜更けまで船の中で飲んで、歌って、踊って、吐いて、好きな時に帰って寝るだけという感じです。大人から子供まで夜遅くまで楽しんでいました。
ダンスフロアも若者用とシニア層向けの2箇所あり、シニアな方々も熱く踊り続けていました。写真はシニア向けのフロアです。
d0036358_523149.jpg
翌日は免税店でお買い物です。お目当てはずばり「お酒」。ヘルシンキVantaa空港よりも大きなお酒の免税店が乗客のみなさんを待っています。午前中はみんな爆睡中らしく、人出はほとんどありません。みなさんお昼過ぎから買い物にやって来ました。
キャリーバッグのような物がありますが、これは「免税限度目一杯お徳用セット」で、ビールや洋酒、ワインなどがお得な価格で既に荷造りされた状態になっています。このまま引いて帰ればいいだけの優れものですね。(お昼過ぎに行ったら、もう売り切れでした。)
船内には空き缶の回収機まで設置してあり、船内の空き缶をかき集めたて来た人が、小遣い稼ぎをしていました。
d0036358_545102.jpg

トゥルクに近づくに連れて天気も良くなって来ました。しかしデッキの上は風が強く、もうこの時期では寒くて長時間外に出ていることは出来ませんでした。
d0036358_5491645.jpg
トゥルクに到着すると、みんな船の中で買った沢山のお酒を引きずりながら下船です。ちょっとピンぼけですが、ハイネケン4ケースでコーラが1ケースがオマケになる、キャリー付きパックを買った人ですね。
これも、フィンランド人の娯楽のひとつなんでしょう。

私ですか?
買ったのはこれだけです。
d0036358_615955.jpg
OLVI缶ビール1ケース(330ml 24本パック)18.50ユーロです。高いですか?
はい、お値段は高いですが、アルコール濃度も最高の8.5%です。1本で2本分のアルコールが摂取可能な、お得なビールです。
[PR]
by lapintie | 2005-10-17 06:18 | フィンランド

Crazy Days

今日からフィンランドの春秋恒例行事「Hullut Päivät (Crazy Days)」が始まりました。
d0036358_146264.jpg
STOCKMANNデパートのバーゲンセールで、土曜日までの4日間繰り広げられます。
もう、デパートの中は大騒ぎ。普段はあまり人のいない店内も、この時だけはものすごい人出になります。
d0036358_1492732.jpg
エスカレーターの間のスペースで楽団の演奏まであります。狭いのにご苦労様です。
店内は黄色い風船で一杯です。何処を見ても黄色一色です。
d0036358_1512162.jpg
Hullut Päivätの黄色いマスコットがいたり、店員さんまで黄色です。何故か仮装までしています。
d0036358_1523950.jpg
デパートの外でも、黄色い袋を下げた人ばかり。初めて見たら一体何事かと思うでしょうね。

フィンランドは物価が高いので、通常の価格の時にデパートで買い物するのはごく少数で、このようなバーゲンの時に、安い掘り出し物を見つけて買うというのが、定番のようです。
まあ、娯楽の少ない地方都市ですから、バーゲンでさえも娯楽の一つになってしまうような感じもします。
大都会ヘルシンキあたりでは、ここまで大騒ぎにならないのかも知れませんが・・・。

(追加)
今日の晩ご飯です。
d0036358_3124013.jpg
まーらいおんさんがニシン市で買って来たサーモンロールで巻寿司を作っていましたが、奇遇にも同じネタで軍艦巻を作ってました。
マヨネーズと醤油を少し(こちらのマヨネーズは塩気が少ないので)垂らしてよく混ぜ、ツナマヨネーズのサーモン版の完成です。
いやー、日本人って恐ろしい。結局、魚を見ると寿司にしたくなるのね。
軍艦巻の他に、サーモンの甘酢漬けをスライスして、にぎりも作ってみました。
小鯛の甘酢漬けの寿司のような味わいで、これもなかなか美味しかったです。
やっぱり寿司最高〜!

ちなみに、Crazy Daysの記事もきれいにまーらいおんさんとかぶっています。

ブログってすごい、っていうかこのシンクロ度合いは異常だ!
[PR]
by lapintie | 2005-10-13 02:11 | フィンランド